私は、2年前、当時26歳の時に福岡に家を借りた。

東京・関東から出たことになかった私にとって、
福岡で暮らし始めたことは、ものすごく大きな変化だった。

IMG_0569

両親も親友もいない
誰一人知り合いもいなくて、
仕事は東京で創業しているから、
お客さんがいるわけでもない。

自分で決めたことだけど、
なんで福岡に来たんだろう…と
思ったことなんて何度もある。

そんな中、東京のお客さんが、福岡の人を紹介してくれて
ほんのすこし、ほんのすこしずつ
知り合いが増えていって、仕事も生まれて。

心細かった私に、福岡の人たちは
「よく来たね!!」と言ってくれた。
人を繋いでくれた。仕事も依頼してくれた。

本当に福岡の人に助けられて
惚れた福岡がさらに大好きになっていって、
「福岡のために、福岡らしいことがしたい!!!」と
想う気持ちが強くなっていったんだ。

そして、「ホテルをつくりたい!」という私の夢と重なって
福岡でホテル作りに挑戦することになった。

ホテルを最初に始めたのは4人だけど
途中で2人が仲間に加わって、
そしてセルフリノベーションの過程で
100人以上の福岡・九州の人に手伝ってもらって完成した。

IMG_7941

IMG_8612

その時に感じていたのは、
「これは、私たちだけの夢じゃない。」ということ。

このことに気づいた時に、
視界がぱぁっと開けたような気分だった。

オーナーは私たちだけど
ZABaNは私たちのものではない。

一緒に作った100人以上の人、
応援してくれた何百人以上の人の
ものでもある感覚。

IMG_8757

境目がなくなったんだ。

だからこそ私は
このブログのように、オープンまでの
過程さえもシェアしたいと思ったし、
これからも一緒に育てて欲しいと思っている。

そして何より、自分だけの夢じゃなくなった瞬間に
夢は現実味を帯びるとさえ感じるようになった。

IMG_8192

たった一人の熱狂から始まったとしても、
一人でできることなんて、たかが知れてる。

自分だけの夢じゃなくすことは
大きな第一歩なんだと学んだ。

前の記事はこちら
>>【Vol.21】準備ができている状態なんて、一生こない。
>>【Vol.20】いきなりの訪問者。知らない人が、ZABaNにやって来た!!
>>【Vol.19】リノベに燃える日々。誰になんと言われようとも、 自分たちだけは、 この場所この物件の可能性を信じていた。
>>【Vol.18】クリーニング業者のおじさんと 話して泣きそうになった
>>【Vol.17】批判じゃなくて、新しい答えをつくろう
>>【Vol.16】私たちは、リスクを取っても余白を残すことにした。
>>【Vol.15】「なんで挑戦できるの?」と聞かれた時に、小さな頃の記憶と深く繋がったんだ。
>>【Vol.14】6人目のメンバー登場!!リノベーションが始まる!!
>>【Vol.13】宿をつくっていく過程は、その土地を知っていく過程とイコールであることを知った。
>>【Vol.12】カタチだけ、デザインだけにうんざりしている私たちが、「食」の分野をプロにお願いすることは、逃げなんじゃないか。
>>【Vol.11】「お金、どうしたの???」
>>【番外編】過去を噛みしめることが、こんなに素敵なことだなんて。
>>【Vol.10】ゴーストバスターズじゃないよ(笑)。全力掃除の日々。
>>【Vol.9】マサキチ登場!!10畳で4人暮らしが始まる
>>【Vol.8】暗黒時代の1ヶ月間。
>>【番外編】スニーカーなんてもってない!!!(泣)ヒール好きの私が島の住人になるまで。
>>【Vol.7】愛しい愛しい、名前が決まった日。
>>【Vol.6】10000歩進んで、ダメになるかもしれなくても、 それでも歩き続きけることを選んだんだ。
>>【Vol.5】この時期に一番大切にしていた、たった一つこのこと。
>>【Vol.4】ライバルがたくさんいるらしい。そして徐々に浮き上がる、特殊物件説。
>>【Vol.3】物件を初めて内覧した日。それはまさに、ジャングルを目の前に身ひとつで走り出す気分。
>>【Vol.2】忘れもしない、始まりの日。
>>【Vol.1】Hotel ZABaNオープンまでの記憶の記録する。

ライフブログ一覧はこちら
http://sakaimiki.com/category/blogs/lifeblog/